ADMIN TITLE LIST
Recent entries
2006/10/26 (Thu) リビングデッド
2006/10/13 (Fri) 13日の金曜日
2006/10/10 (Tue) アニメ事情
2006/10/03 (Tue) 体は子供頭脳は大人
2006/09/29 (Fri) ゲーム雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近久しぶりに映画三昧してます
しかもホラーばっかりね

たまーに急に見たくなるんですよ 特に今回はご無沙汰だったしね
見た物と軽く内容を載せると

オーメン1,2:悪魔の化身として生まれた少年の話

死霊のしたたり1,2:マッドサイエンティストとゾンビのお馬鹿映画

ドーンオブザデッド:ホラー映画の巨匠ロメロの傑作「ゾンビ」のリメイク 全力疾走するゾンビの大軍団

サスペリア:映像美と音楽から生み出される芸術的なオカルト映画

28日後:ウイルスにより凶暴化した人間だけになった街を舞台に生き残った数少ない人間のサバイバル

遊星からの物体X :人間に擬態する寄生エイリアンにより混乱と恐怖に陥れられた南極観測隊員達の話
寄生獣やパラサイトイブ、バイオハザード(特に4以降)などはおそらくこれが元ネタ


とまぁホラー映画の歴史に名を残す傑作(&珍作)ばかりです
かなり古いラインナップですがこの辺の王道とも言うべきものを自分は結構見てなかったので一つ見始めるとついつい病みつきになってしまいました
中には見てるうちに「あ、これ見たことあるな」ってのもありました
あと基本小心者の怖いもの見たさなので1作品平均2回は目の前手で覆ってましたがw


そしてとどめに見たのが 悪魔のいけにえ

これにはタイトルにある悪魔は出てきません
ゾンビだの幽霊だのも全く出てきません
レザーフェイスという有名なキャラが出てくるいわゆる殺人鬼物です

これがとにかく怖かった。というか狂っていた
見てるこっちがどうにかなりそうな残虐映画です
後半に本来笑える状況じゃないのにあまりの狂いっぷりに笑えてしまうシーンがあるのも印象的でした

んで見終わった後の不快感が凄い。セブン以上でしたね
正直見てよかったのか悪かったのか・・・とにかく強烈な映画でした


これ見たおかげで一気に目が覚めました
もうホラーお腹一杯です
しばらくはほのぼのした映画やアニメがみたい・・・そんな今日この頃です


PS:一昨日昨日と2日連続でゾンビと追いかけっこする夢を見ました

そりゃ見るわな

スポンサーサイト

というわけで

フリーゲーム ゆめにっきの紹介
ttp://www3.nns.ne.jp/pri/tk-mto/main.htm

ホラー(?)ゲームで基本的に雰囲気を楽しむ(?)ものです
もし耐えられなくなったらやめるが吉

特にBGMは聞いてると癒されるものが多いんだけど何か吸い取られてそうです

寝る前にチョロっとプレイすると良い夢が見られる  も

[Read More]

北が物騒な実験を成功させた今日この頃皆さんいかがお過ごしですか

今日TVで恒例のアニメランキングがやってたんですよ
芸能人が選んだアニメ100選とかいうお題目で

気づくのが遅くて俺が見た時はすでに2位の発表だったんだけどね
月曜バラエティのHPでとりあえずランキングだけ見てみようといってみたら
まぁ2位以下もお手本のようなランキングでした

で、なぜかアンケートも取ってあったようで放送されたのとは別のランキングも乗ってたんです
アンケート取ってあるなら普通放送するのはそっちじゃないの?
なぜ芸能人が選んだランキングを放送したのか?
と思いつつ開くと

アンケートランキング100


・・・ああ、こりゃあ無理だ('A`) こりゃ放送できねーわ

トップ10の半数が深夜物ってのはどうなのよ
1位2位はいいとして
いよいよトップ3の発表です!第3位は ぱにry はちょっと
マホマホとかいってお茶の間の誰に伝わるのか


そもそも初っ端の100位パトレイバーからスタートって
番組で「後藤隊長のかっこよさがいいですよね」なんてコメントされてる姿想像できないんだけど


結局アンケートとったはいいけどかなりコアなランキングになっちゃったせいで闇に葬られたのかなと・・・思わざるをえないランキングでした

ただね、正直こっちのランキングが放送されたほうが

個人的には見たかったなぁと少し残念です


名探偵コナン(以下バーロー)がドラマ化されるというので見てみました
どんなもんだろうと不安と期待半々だったんですが
そもそも工藤新一への挑戦状というテーマで新一が小さくなる前のエピソード的な作品だったのでコナンも何もないって感じだったね
金田一とか見てる感じでした


配役について

新一とか蘭とかはあれでいいかと
流行の役者使いたい所だろうしまぁ誰やっても多少は似合うと思うんで
見てるうちに慣れました


ただ小五郎に陣内ってバーローw
確かに馬鹿なキャラだけど陣内使う程濃くねーよw
せめて工藤の親父とかその辺で使えと

あと目暮警部が西村雅彦なのはどうゆうことなのか
せめて体型ぐらい似た人を使ってくれと
どっちも完全に役者がキャラ食っちゃってる感じでした


これでもし人気が出て本当にバーローのドラマシリーズ始まるなら見てみたい気もしますが
まぁそうなると新一役の小栗くんの出番思いっきり減ると思うんで

ないかな・・・と

期待以上の物はありませんでしたが結構楽しく見れました

と言いたい所なんだけど
裏で夜にも奇妙な物語やってたの知らなくてほぼ丸々見逃したんで正直後悔してます



最後に一言

マジック快斗続きまだー?


私はかなりのゲーマーというかゲーム無しじゃ生きていけないような体だったんですが
今年に入ってからはネトゲやるぐらいで
「ゲームがしたい!コントローラー握りたい!ゲーセンで対戦したい!」
なんて衝動もなく、あーついに自分も卒業する時が来たのかなんて思いました

数年前までは多分じじいになっても年金でゲーム買ってそうだとまで思ってたので大した進歩です


一番新しいのでもしばらく前の龍が如くと虫姫さまあたりかな


虫姫は言わずと知れた元祖弾幕シューティングの怒首領蜂を出したケイブの弾幕シューティングゲーム
久しぶりにシューティングやりたくなって買ったんだけど、最近の弾幕系はほんと底がないのかと
まるで模様のごとく発射される敵のもはや芸術的な弾幕に圧倒されてたけど徐々に弾の軌道が読めるようになる快感はやっぱりいいね


龍が如くはヤクザ物のアクションゲーム。ストーリーや舞台が新宿っつー身近なリアルさは良かったんだけどアクションはどうもモッサリしてて暴れ足りず
結局キャバクラの姉ちゃんに金をつぎ込むという間違った楽しみ方をしていたゲームでした
いや、あえて言おう。あれこそがあのゲームの楽しみ方であったと

そういえばこの前リアルでも初めてキャバクラも付き合いで行ってきました
第一声の「俺酒全く飲めないんで」でキャバの姉ちゃんが軽く止まりました
なんで乾杯以外ずっとソフトドリンクで話に付き合ってもらって終了と
友達の話じゃ基本的にこっちが話して相手が盛り上げてって感じだったのですが女の人がしゃべるの好きみたいで逆にこっちが話聞いてる方が多かったです
ま、そゆうの嫌いじゃないんで楽しかったですけどね

普段テレビとかでは見た事あるけど実際体験するのは初めてだったので、良い経験になりました
龍が如くでは姉ちゃんの好感度がハートで表示されてたけどリアルでは表示されない事も知りました

そんな最近です
ではまた

[Read More]


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Aŋra Mayugeŋom, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。